« 「LSD英語共起表現」活用法23(副詞の検索1) | トップページ | 「LSD英語共起表現」活用法25(副詞の検索3) »

2014年5月26日 (月)

「LSD英語共起表現」活用法24(副詞の検索2)

次は、potentiallyを調べてみよう。

potentiallyは、副詞+形容詞のパターンが多いので、集計表で調べるのが適当であろう。

オプションを初期設定から「集計値を見る」と「検索結果を最大1000行表示する」として検索してみよう。

Potentially50

 

 

次の様な結果になる。

Potentially1000

上の内容から次のことが分かる。

(1) potentiallyに続く語としては、be、important、useful、lethal、toxic、relevant、harmful、deleterious、fatalなどが多い。

(2) potentiallyの前に来る語としては、could, can, may, be動詞などが多い。

 

 

potentially beの用法をさらに調べてみると次の様な結果になる。

Potentiallybe1000

上の内容から次のことが分かる。

(1) 前に来る語は、could, can, mayが多い(このことから、副詞はbe動詞の後に来ることが多いが、be動詞の前に助動詞が来るときには助動詞とbe動詞の間に来ることが分かる。

(2) 後ろに来る語としては、used、exploited、applied、developed、useful、involvedが多い。

 

 

potentiallyの前にbe動詞が来る場合についても調べてみよう。次の様な結果になる。

Bepotentially1000

上の内容から、

(1) 後ろに続く語としては、useful、important、involved、relevant、applicableなどがよく使われる。

(2) 前に来る語(主語)としては、method、factorsなどが多い。

 

次に副詞+形容詞の使い方を調べるために、potentially importantを検索してみよう。

Potentiallyimportant1000

 

あとに続く語としては、

(1) role、mechanism、implications、targetなどの名詞

(2) for、inなどの前置詞

が来ることもある。

 

 

 

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編 [Kindle版]
著/河本 健
監修/ライフサイエンス辞書プロジェクト

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編

 

 

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法2動詞編 [Kindle版]
著/河本 健
監修/ライフサイエンス辞書プロジェクト

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法2動詞編

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法2動詞編

 

 

 

 

 

« 「LSD英語共起表現」活用法23(副詞の検索1) | トップページ | 「LSD英語共起表現」活用法25(副詞の検索3) »

ライフサイエンス辞書」カテゴリの記事

副詞」カテゴリの記事

英語書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1796174/52560787

この記事へのトラックバック一覧です: 「LSD英語共起表現」活用法24(副詞の検索2):

« 「LSD英語共起表現」活用法23(副詞の検索1) | トップページ | 「LSD英語共起表現」活用法25(副詞の検索3) »

Google Adsense

  • Ad by Google