« 「LSD英語共起表現」活用法19(名詞の検索2) | トップページ | 「LSD英語共起表現」活用法21(名詞の検索4) »

2014年4月21日 (月)

「LSD英語共起表現」活用法20(名詞の検索3)

次は、approachを検索してみよう。

検索のオプションを、初期選定から「検索結果を最大 50行表示する」に変更して検索する。

Approach50

 

 

検索結果は、以下のようになる。

Approach50_2

上の結果から次のことが分かる。

(1) 後にto doが続くことが多い(12例/50例)

 

 

例数を増やして確認するために、オプションを初期設定から「集計値を見る」と「検索結果を最大1000行表示する」に変更して検索する。

Approach1000

結果は以下のようになる。

Approach1000_2

上の内容から次のことが分かる。

(1)  approach to の用例が多い(243例/1000例)

(2)  approach for の用例が多い(97例/1000例)

さらに、形容詞+approachのパターンとしては、

therapeutic approach(療方法)、new approach(新しいアプローチ)、novel approach(新規のアプローチ)、genetic approach(遺伝的アプローチ)、computational approach(計算的アプローチ)、experiment approach(アプローチ)

などがある。

 

さらにtoforの後に続く語を調べてみよう。

approach toの検索結果は、次のようになる。

Approachto1000

approach to(〜するためのアプローチ)に続く語としては、

identify(同定する)、study(研究する)、determine(決定する)、treat(処置する)、investigate(精査する)、detect(検出する)、generate(生成する)、characterize(特徴付ける)、analyze(分析する)

などがある。

また、approach to the treatment of(〜の治療へのアプローチ)など、toの後に名詞が続く場合もある。

 

approach forの検索結果は、次のようになる。

Approachfor1000

approach for(〜のためのアプローチ)に続く語としては、

approach for 〜ing(〜するためのアプローチ)のパターンがかなり多い。

treating(処置する)、 identifying(同定する)、improving(改善する)

また、approach for the treatment of(〜の治療のためのアプローチ)など、名詞が続く用例も多い。

 

 

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編 [Kindle版]
著/河本 健
監修/ライフサイエンス辞書プロジェクト

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編

 

 

 

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法2動詞編 [Kindle版]
著/河本 健
監修/ライフサイエンス辞書プロジェクト

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法2動詞編

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法2動詞編

« 「LSD英語共起表現」活用法19(名詞の検索2) | トップページ | 「LSD英語共起表現」活用法21(名詞の検索4) »

ライフサイエンス辞書」カテゴリの記事

名詞」カテゴリの記事

論文英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1796174/52550585

この記事へのトラックバック一覧です: 「LSD英語共起表現」活用法20(名詞の検索3):

« 「LSD英語共起表現」活用法19(名詞の検索2) | トップページ | 「LSD英語共起表現」活用法21(名詞の検索4) »

Google Adsense

  • Ad by Google