« 「望む」動詞の使い分け | トップページ | MacのPagesで作ったePubの問題点2 »

2013年12月16日 (月)

MacのPagesで作ったePubの問題点1

以前の記事で、「MacのPagesを使ってKindle電子書籍を作る方法」を述べた。残念ながら、Pagesから書き出したePubファイルには問題点があった。今回は、その問題点を克服しつつ、細かな設定を変更してKindle電子書籍を仕上げる方法についてまとめる。

 

 

まず、MacのPagesから書き出したePubファイルの問題点についてだ。Kindleのフォーマットはmobiという専用形式なので、汎用のePub形式から変換する必要がある。これを行うためにAmazonから提供されているツールは、KindleGenだ。ただしKindleGenは単体で使うものではなく、KindlePreviewerに組み込まれている感じだ。

そうやって作るmobiファイルだが、Pagesから書き出したePubファイルからは目次(Table of Contents)が作られないという大きな問題点がある。それを解決する方法として、Calibreでいったんmobi形式に変換してから、再度ePub形式に変換という方法があった。このあたりの手順については以前の記事にも書いた。

Calibreでmobiファイルを作れるのなら、それをAmazonに送れば良さそうなものだ。しかし実際にやってみると、Amazonストア内で見つけることができない不適切なファイルになってしまったので、お勧めできない。

 

なぜ、最初のePubファイルはだめで、2回変換した後のePubファイルなら大丈夫なのかというと、その内容がかなり異なるからだ。ePubファイルはStuffIt Expanderで解凍できるので、解凍して中身を見えてみよう。両者を構成するファイルが大きく異なることが分かるだろう。中のファイル名まで全く違うので対応は分かりにくいが、ともかく最初のePubファイルには目次である最後のページ(htmlファイル)が含まれていないのだ。これが、最大の原因のようだ。Calibreで2回変換すると、それが作られる。

 

こうしてひとつ問題点が解決したわけだが、また、新たな問題が発生した。2回変換して作ったファイルでは、「図の解像度が悪い」「図が小さい」「行間が広い」などの問題点があるのだ。

これらの解決方法については、次回にまとめる。

 

 

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編 [Kindle版]
著/河本 健
監修/ライフサイエンス辞書プロジェクト

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編

ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編

 

« 「望む」動詞の使い分け | トップページ | MacのPagesで作ったePubの問題点2 »

Kindle」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1796174/54274470

この記事へのトラックバック一覧です: MacのPagesで作ったePubの問題点1:

« 「望む」動詞の使い分け | トップページ | MacのPagesで作ったePubの問題点2 »

Google Adsense

  • Ad by Google